オールオン4の費用ってどうなっている?

お金を数える人

オールオン4は全ての歯を失って総入れ歯をしている人がインプラントを利用したいときに最適な治療方法です。
今までは1本ずつ埋め込みをしていたので歯の本数が増えると費用が高額になり、手術時間も長く体の負担が大きいので高齢者は利用が難しくなっていました。
また、歯のない状態が続くと顎の骨が薄くなってしまい、骨移植などの事前の治療が必要になるなどの問題点がありましたが、オールオン4であればこれらが解決できます。

オールオン4は今までのものよりも長いインプラントを使用し、シミュレーションで力が均等に分散されるように計算して斜めに埋め込みを行います。
これにより片側の全ての歯を支えるために必要な本数が最小で4本に抑えられるため費用が安くなり、手術時間が短縮されて体にかかる負担を少なくできるのが特徴です。
稀に例外はありますが、ほとんどの人が骨移植を必要としないので、この分の費用もなくなり、治療が完了するまでの期間も短縮できます。
なお、1本ずつインプラントを行った場合と比較すると、相場では400万円程度していたものが200万円前後にまで抑えられます。
人工歯の材質を重視するとこれよりも費用は高くなりますが、最小では約半額で利用できるので利用しやすいです。
なお、骨の強度が十分ではない場合にはインプラントの数が6本に増えることがあり、費用も3、40万円は高くなります。

健康保険の適用ができないのでオールオン4でも高額であることには変わりありませんが、相場よりも大幅に費用の安い歯科を利用して治療を受けるのは危険性もあるので注意が必要です。
費用を抑える要素として、埋め込むインプラントの耐久性の低い安価なものを使用するか、治療実績を作るために利用しやすい価格にするなどがあります。
前者ではオールオン4の寿命が短くなってしまい、後者では手術に失敗する危険性があるので、信用できる歯科を利用した方が安全です。

200万円でもかなりの高額なので一度に支払うのが難しい場合でも、分割払いに対応している歯科もあります。
回数は少ないですが、手数料を歯科が負担してくれるところもあるので支払いの負担が少なくなります。
デンタルローンの利用を検討しても良いでしょう。
歯科が信販会社と提携していれば直接申し込みできますが、そうでない場合は銀行などに自分で申し込みを行います。
通常のカードローンとは異なり、用途が限定されているので低金利です。
治療目的なので銀行以外から借りても総量規制の対象になりません。