ホワイトニングは自宅で?審美歯科で?

歯が白く綺麗な女性

ホワイトニングとは歯を白くするための施術のことで、ホワイトコートと呼ばれることもあります。
審美歯科で施術を受ける場合と自宅などで自分で行う場合との2種類があり、いずれの場合にもある程度の費用がかかりますが、白く輝く美しく歯を手に入れることができます。
ホワイトニングは人工的な方法で歯を白くする方法であり、歯の表面の汚れや歯垢を除去して歯を本来の状態に戻すクリーニングとは異なります。
施術を検討する際にはくれぐれも注意をしてください。

審美歯科で幅広く行われているホワイトニングでは、クリーニングを行った後で歯の表面に漂白剤の一種である特殊な薬剤を塗布して、これに光を照射して薬剤を活性化させて歯を白くします。
審美歯科で行うホワイトニングでは1回から数回程度の施術で効果を得ることができますが、時間の経過により効果が衰えて色の戻りが起こってしまうことがあるようです。
歯1本ずつの施術も可能ですが、通常は目立つ箇所の歯に対してブロック単位で施術を行うことになります。
治療費は施術の内容により異なりますが、通常は数千円から数万円程度が必要です。

自宅などで自分でホワイトニングを行う場合には、まずは歯科医院を受診して歯形をとってマウスピースを作成します。
完成したマウスピースと処方された専用の薬剤を使って、自分自身で施術を行うのです。
専用の薬剤をマウスピースに入れて、これを口の中に入れることで歯を白くします。
何度も繰り返すことにより少しずつ歯を白くするため、効果が実感できるまでにはある程度の期間が必要になります。
審美歯科で短期間でホワイトニングを行う場合と比較すると、色の戻りが起こってしまうことは少ないようです。
初期費用として数万円程度が必要であり、さらに必要に応じて薬剤を追加購入することになります。

薬剤で歯を白くするホワイトニングは安全性の高いおすすめの方法ですが、天然の歯に限って有効になります。
差し歯や詰め物などを白くすることはできませんので、そのような場合にはラミネートべニアによる方法を検討してみてください。
ラミネートべニアとは歯の表面を少しだけ削って、そこにセラミック製の薄いチップを張り付けることで歯の表面を白くする方法です。
天然の歯なのかラミネートベニヤによる歯なのかは、一見しただけでは区別がつきません。
さらに多少であれば歯の形や隙間などを修正することができますので、口元が気になる人にはおすすめの方法だといえるでしょう。
ラミネートベニヤは治療費が高いことがデメリットであり、1本あたり5万円から15万円程度の費用が必要になります。