予防歯科は大切だけど、保険は適用される?

予防歯科は、虫歯になってから治療をするのではなく、そもそも虫歯にならないよう予防をするという考え方に基づく歯科治療のことを指しています。
では、具体的に予防歯科にはどのようなものがあるのでしょうか。

予防歯科の基本は、歯磨きです。
正しい歯磨きをすることによって歯垢や歯石を予防することができます。
正しい歯ブラシの選び方や使い方などは、歯科医院で教わることができます。
毎日の食後に正しく歯磨きをすることで、虫歯にならない強い歯を維持することができるのです。

自宅でのセルフケアとして、デンタルフロスもおすすめです。
デンタルフロスは、歯と歯の間にある僅かな隙間に入り込んだ食べ残しや歯垢などを自分で取り去ることができるので、歯磨きにプラスすることで大きな効果を得ることができます。
ただし、歯と歯の間にある空間が広がり、虫歯の原因となることがあるので注意が必要です。

デンタルフロス以外の自宅でのセルフケアでは、デンタルリンスを使うという方法もあります。
デンタルリンスは、歯磨きによって食べ残しや歯垢などをある程度落とした後、仕上げとして使うと効果的です。
口中が爽やかになるという気分的な効果だけでなく、口中を清潔に保ち、虫歯の増殖を防ぐ役割も果たしてくれます。

ただし、自宅でのセルフケアのしすぎには十分注意しましょう。
硬い歯ブラシで力を入れて歯磨きをすることにより、歯肉炎を引き起こしてしまう可能性があります。
もし歯肉炎になってしまったら、歯科医院で適切な治療を受けるようにしましょう。

歯科医院での予防歯科は、保険適用を受けることができます。
自宅でのセルフケアに加え、年に一回から二回程度、歯科医院で定期検診を受けるとよいでしょう。
口中の状態によっては、虫歯を予防する手段としてフッ素塗布をしてもらうこともできます。
これも保険適用されるので、担当の歯科医に相談してみましょう。

予防歯科は、虫歯になることを防ぎ、永久歯をできるだけ多く残すことができるだけでなく、虫歯の治療にかかる医療費の負担を減らすことにも役立ちます。
歯磨きやデンタルフロス、デンタルリンスの利用などによる自宅でのセルフケアに加え、定期的に検診を受けることで、健康な歯を保ち続けることができるのです。

定期検診は、保険適用の範囲内です。
正しい歯ブラシの選び方、歯磨きの方法、フッ素塗布など歯科医院ならではのケアを受けることができます。
また定期的に専門家によるチェックを受けることで、間違ったセルフケアをしていないか確認することもできます。
予防歯科を上手に取り入れて、健康な歯を保つようにしていきましょう。