歯列矯正で安いのはインビザライン?ワイヤー?

マウスピース

ワイヤーを用いた歯列矯正は長年の治療実績があるものの、非常に目立ってしまうため外見を気にする患者さんにとっては苦痛の期間となり歯列矯正そのものを断念してしまうケースも少なくありませんでした。
その後さまざまな研究開発が重ねられ、歯の裏側にワイヤーを装着する手法が開発されましたが非常に高度なテクニックが必要になる上に価格や治療期間も大きな負担となりました。

つづいて登場したのが透明なマウスピースであるクリアアライナーを使用する方法です。
遠くから見ればほとんど気づかないため、外見を気にする必要が軽減されるメリットがあります。
一方で、一定期間ごとにマウスピースを作り直す必要がありワイヤーを用いた方法と比較して遥かに長期にわたる治療期間を覚悟する必要がありました。

患者さんは矯正歯科の担当医と相談しながらリスクとベネフィットを検討し、いずれのケースもいくつかの妥協を重ねながら歯の審美性を求めて行く時代が長きにわたって続いていました。
全てのニーズを満たすインビザラインの登場により歯列矯正に一歩踏み出す決心をする患者さんが増えています。

インビザラインとは歯列をコンピューター解析し、そのデータをメーカーに送付すれば高度なモデリングにより作成されたマウスピースが返送されると言うシステムです。
インビザラインのマウスピースはクリアアライナーよりもさらに薄く透明感のある素材で出来ており、ほぼ外見を気にする必要が無くなりました。
また、コンピューター解析によるモデリングは実に正確で一度作成すれば原則として治療途中の調整や作り直しも必要ありません。
一時的に取り外しする事も可能で、お食事を美味しく頂いたり歯磨きをしっかり行って清潔な状態を保つ事も可能です。

ここで気になるのがその価格ですが、歯の表側にワイヤーを装着する手法では部分矯正で約10万円前後、重度のフル矯正で150万円を超える事があります。
審美性を重視して歯の裏側にワイヤーを装着する手法では部分矯正でも80万円を超え重度のフル矯正はこちらも150万円を超える事があります。
一方、インビザラインの場合は部分矯正で約30万円前後、一般的なフル矯正で約80万円前後であるのに加えて重度の矯正の場合は100万円前後が相場です。

こうして比較してみると部分矯正については歯の表側にワイヤーを装着する方法がやや低額になるものの、フル矯正ならばインビザラインとさほど変わりません。
また、審美性を重視して歯の裏側にワイヤーを装着する方法との比較をすればインビザラインの方がリーズナブルである事が分かります。
インビザラインは今後の需要と供給の増加によりさらなるコストダウンが図られる可能性もあり、これから矯正歯科で治療を実施するならばインビザラインが第一候補となる時代が到来しています。