虫歯治療の料金はどれくらい?

虫歯治療の料金は、虫歯の広がりや進行度合いによって変わってきます。
一般的には進行が進んでいるほど初期段階より治療費が高額になります。
虫歯治療のすべては保険診療で実施することが可能ですが、より安全で高度な治療法を希望した場合、自費診療になるため料金も高くなります。

虫歯の初期段階は、歯の表面にあるエナメル質が浸食された状態です。
この場合は虫歯を削って詰め物を入れる治療で済むので、費用も3000円程度で通院も1回です。
初期の段階で発見できれば、費用も安く通院回数も1回で負担が少なくて済むので早期発見が大切です。

中等度の虫歯では、エナメル質の奥にある象牙質を浸食している段階のため、虫歯の位置や大きさによって費用や治療期間も異なります。
小さな虫歯の場合、初期段階と同様の処置をするので料金も同じぐらいです。
しかし大きい場合は型を取って詰め物をする必要があるため、2、3回の通院を要しその分治療費が嵩みます。
この詰め物を素材によっても料金は異なります。

虫歯が神経まで達している場合は、歯の本体をどのぐらい保存できるかで治療方法が大きく異なります。
この状態になると痛みが生じやすいので多くの方が神経を抜いて治療も要します。
治療後も神経を抜いた部分の感染を防ぐために数回の通院が必須です。
そのため料金も1万円以上に跳ね上がります。

虫歯の最終段階は神経も壊死し歯の本体自体を残すことができない状態です。
他の歯に悪影響を及ぼす原因となるため、抜歯が必要になります。
抜歯をした部分は入れ歯などで補綴するため、抜歯に対する費用と補綴する費用の両方が嵩みます。
抜歯自体は5000円以内で済むことが多くそこまで高額ではありませんが、補綴にかかる費用が高額になる可能性があります。

歯医者は虫歯や歯周病になってから通おうと思いがちですが、症状がでている場合は既に悪化している可能性が高いです。
そのため定期的に検診へいきアドバイスを受けることで、早期発見・早期予防に繋がります。
また検診中に病気が見つかっても、早期であれば治療期間も短く、治療費も少なくて済むのです。
定期的に検診に通うメリットは他にもあります。
自分では気づかない磨き残しの部分をクリーニングしてもらえたり、歯や歯茎の状態や歯磨きの指導など直接歯医者にアドバイスをもらうことも可能です。

自分の歯を長く健康に保つためにも、自分自身で管理することも必要なのです。
定期的に検診に通うことは、将来のお金をかけずに健康に過ごすことに繋がります。